クリスチャンパパ物語

How sweet are your words to my taste, sweeter than honey to my mouth! Psalms119:103

クリスチャンはひな祭りを祝ってもいいの?

3月3日は "ひな祭り"の日です。日本には様々な伝統行事がありますが、多くのクリスチャンがどのようにそれらの行事を考えればいいのか、または、行事に参加すればいいのか悩むのではないでしょうか? 今回は "ひな祭り"について考えていきましょう。

 

1. そもそもひな祭りって何?

ひな祭りは、女の子の成長と幸福を祈る行事です。一般的に、女の子のいる家庭において、この時期、ひな人形を飾られたり、白酒や桃の花を供えたりしてお祝いされます。

 

2. なぜ3月3日なの?

五節句の一つ、3月の節句(上巳の節句または桃の節句とも呼ばれる)の日である、3月3日にお祝いされます。

 

3. ひな祭りの由来は?

元々は、宮中や上流社会で行われたいことが、江戸時代以降に民間にも広まったそうです。上巳の節句の日に「上巳の祓い」と呼ばれる厄払いを行われました。それは、紙などで作られた人形に自分の罪や汚れ、降りかかる災難を移し、海や川に流して身を清める、といった方法だったそうです。この厄払いは、現在でも"流し雛"という呼び名で行っている地域があります。

 

4. キリスト教とは関係あるの?

もちろんひな祭りはキリスト教とまったく関係ありません。聖書には"ひな祭り"に関する記事はありませんし、それに対して具体的にどのような態度を取ればいいのかも、もちろん書かれていません。しかし、聖書が教える諸原則を通して、どのような態度を取ればいいのか考えることができるでしょう。

 

5. クリスチャンはひな祭りに対してどのような態度をとったらいいの?

いくつかの観点からこのことを考えることができるでしょう。

⑴ 神様と自分との関係で考える。

●偶像礼拝は避ける。

聖書全体で偶像礼拝は禁じられています。神でないものを神とするのは、神への冒涜です。例えば、厄払いのための"流し雛"を実際に行ったり、女児の成長のために日本の神々に祈るというようなことは絶対に避けるべきです。

 

⑵ 自分と周りのクリスチャンとの関係で考える。

● 他のクリスチャンにつまずきを与えないようにする。

パウロは、1コリント8章で"偶像にささげた肉"について話しています。当時、コリント教会には、偶像にささげた肉を食べてよいのかどうなのか、という議論があったようです。パウロはアドバイスとしてこのように語っています。

 

1コリント8:8,9,13  ...私たちを神に近づけるのは食物ではありません。食べなくても損にはならないし、食べても益にはなりません。ただ、あなたがたのこの権利が、弱い人たちのつまずきとならないように、気をつけなさい。...もし食物が私の兄弟をつまずかせるなら、私は今後いっさい肉を食べません。それは、私の兄弟につまずきを与えないためです。

 

パウロは、食べることは問題ないとしながらも、それが他のクリスチャンのつまずきとなるならば問題であるとしています。

 

日本の伝統行事にどのように参加するのか、それは神様と自分との関係のことだけではなく、自分と周りのクリスチャンの関係のことでもあります。ひな祭りに参加するのとしないのと、また、参加する場合はどのように参加することが、他のクリスチャンにつまずきを与えずにすむのか。そのことも一つの基準となるでしょう。

 

 ⑶ 自分と周りのノンクリスチャンとの関係で考える。

大宣教命令に生きる。 

イスラエルの民は待っていれば異邦人がやって来て、律法に生きる姿を通して宣教をしました。クリスチャンは待つのではなく行くように命じられています。イエス・キリストがこの世界に来てくださったように、クリスチャンもこの世界に出て行き、聖書に生きる姿を通して宣教します。そのような考え方を前提に持ちつつ、ひな祭りの集まりやイベントに参加し、チャンスを捉えて自分の考え方をシェアし、宣教することはとても良いことでしょう。

 

マタイ28:18-20 イエスは近づいて来て、彼らにこう言われた。「わたしには天においても、地においても、いっさいの権威が与えられています。それゆえ、あなたがたは行って、あらゆる国の人々を弟子としなさい。そして、父、子、聖霊の御名によってバプテスマを授け、また、わたしがあなたがたに命じておいたすべてのことを守るように、彼らを教えなさい。見よ。わたしは、世の終わりまで、いつも、あなたがたとともにいます。」