クリスチャンパパ物語

How sweet are your words to my taste, sweeter than honey to my mouth! Psalms119:103

聖なる仕事としての子育て

世界中でコロナウイルスが大きな騒ぎ、問題となってる中でも、

 

自分自身の日々の生活の中で、神様が喜ばれる歩みを求めたい。

 

昨日、自分自身の子育てに対する態度について悔い改めを迫られた。

 

クリスチャンにとって、

 

子どもは神様からの賜物(詩篇127:3)

 

である。

 

子どもは私のもの(所有物)ではなく、

 

神様のものであり、神様から預けられたもの。

 

だから、神様が望まれるように教育する責任が私たちにはある(エペソ6:4)。

 

子育ては、絶対的な権威を持ったお方から委ねられた聖く、尊い責任である。

 

その責任を、私は、どこか甘く考えてるところがあった。

 

子育てという働きを行う時よりも、有給の仕事を行う時の方が、厳格な態度で行う。

 

上司も同僚もいない、また、給料も出ない働きである子育てを甘く見ている自分がいる。

 

最も悔い改めさせられたのは、子どもが一人遊びに熱中した時など、暇ができればスマフォを見ようとすることである。

 

もしイエスさまが私の立場に立たれたら、目の前にいる子どもに集中し、その子を祝福し、色々なことを積極的に教え、その子との時間を大切にするはずである。

 

出来損ないの親である自分について、神様に申し訳なく思う。

 

しかし、こんな自分だからこそ、神様は助けを与えてくださる。

 

最大の助けである聖霊様の力によって、息子を全身全霊を持って愛することができますように。

 

 

 

聖書が語る幸いな人

詩篇1篇1節には、幸いな人が有していない性質について書かれています。

 

そして、詩篇1篇2節には幸いな人が持っている特徴について書かれています。

 

聖書が語る幸いな人は、

 

1. 主の教えを喜びとする

 

人です。

 

詩篇1篇2節にはこうあります。

 

主のおしえを喜びとし

 

その人の喜びの源には主の教えがあります。

 

テレビやインターネット、スポーツや仕事、異性関係や家族関係などの通常、人が最も喜びとするものではありません。

 

その人にとって、聖書は堅苦しいもの、退屈なものではありません。

 

聖書を学ぶことは、その人の心にこの上ない喜びをもたらすのです。

 

だから、その幸いな人は、聖書に親しみ続けます。それが聖書が語る幸いな人の二番目の特徴です。

 

2. いつも主の教えを黙想する

 

詩篇1篇2節にはこうあります。

 

昼も夜も、そのおしえを口ずさむ人。

 

脚注には「口ずさむ」という表現について、「あるいは、思い巡らす」とあります。

 

この詩篇が書かれた時代は、現代のように、一人一人の信仰者が聖書を持つことなど出来ない時代です。おそらくシナゴーグにみことばが写し書きされた巻物が保管され、集会の際に代表者が読み上げ、それを聴衆が聞くという形で、人々はみことばに接していたでしょう。

 

なので、彼らは毎日自分で聖書を開けるわけではないため、日々みことばを思い巡らして生きていたのです。「口ずさむ」と書かれているように、実際に声を出しても覚えていたのでしょう。

 

みことばを喜びとする人は、みことばを日常の中で思い巡らし、みことばがもたらす喜びや平安を味わって生きています。

 

日々、色々なことが起こる中で、願わくは、私の頭はみことばで満たされていたいものです。

 

 

 

 

本当の愛とは何か?

ヨハネの手紙第三1節にはこうあります。

 

長老から、愛するガイオへ。私はあなたを本当に愛しています。

 

著者であり長老のヨハネは、ガイオという人物を本当に、(別訳では)真実に愛していました。

 

そして、この手紙の内容から、ヨハネの真実な愛がどのようなものであったかをうかがい知ることができます。

 

1. 真実な愛は「祈り」にあらわれる

 

2 愛する者よ。あなたのたましいが幸いを得ているように、あなたがすべての点で幸いを得、また健康であるように祈ります。

 

誰かを真実に愛するということは、その人のために真実に祈るということです。

 

その人が、心も体も、あらゆる面で神様からの恵みを受けるように。

 

ヨハネはガイオを真実に愛していました。だから、ガイオのために真実に祈りました。

 

私たちのは、誰のための祈りで満たされているでしょうか? 自分のことを祈り、自分のことを願う祈り一辺倒になっていませんでしょうか? 私自身の祈りのことを考える時、反省させられます。自分のためにはたくさん祈ったとしても、他者のための祈りがどれだけ少ない者でしょうか。

 

愛の人は、祈りの人です。

 

愛がない人は、(他者のための)祈りの浅い人です。

 

キリストの愛を知れば知るほど、私たちは聖霊の力によって愛の者へと変えられていくでしょう。そして、他者の最善のために祈る者へと変えられていくでしょう。自分自身のうちには愛がなかったとしても、私たちの愛の主に確かな希望があります!

 

 

2. 真実な愛は「喜び」にあらわれる

 

3 兄弟たちがやって来ては、あなたが真理に歩んでいることを証ししてくれるので、私は大いに喜んでいます。実際、あなたは真理のうちを歩んでいます。

4 私にとって、自分の子どもたちが真理のうちに歩んでいることを聞くこと以上に大きな喜びはありません。

 

ヨハネは、ガイオに関する良い知らせを聞いて、喜んでいました。その内容は、ガイオが真理に歩んでいるということでした。

 

ガイオに対する真実な愛を抱くヨハネは、ガイオに関するニュースによって真実な喜びを抱きました。

 

彼は、そのようなニュースを聞くこと以上に大きな喜びなないと言っています。

 

ヨハネの真実な喜びは、他者の歩みに基づくとしたものでした。

 

自分の歩みに基づくものではなかったのです。

 

私たちは、自分の歩みに基づく喜びを求めがちになってしまわないでしょうか?

 

自分に対する祝福、恵み、自分の満足、成功といったものが生活の焦点になってしまうことがあるでしょう。また、私たち自身の歩みばかりにフォーカスが向きがちです。私が真理に歩んでいるかどうかばかり気になり、他者には目がいかないのです。真理のうちを歩んでいるようで、結局は自己愛に生きてしまいます。

 

主に対する愛に生きる者は、他者を愛します。

 

そして、他者を愛する者は、他者の祝福された状態を心から喜ぶのです。

 

 

3. 真実な愛は「行動や言葉」にあらわれる

 

ガイオが真理のうちに歩むことを喜びとしていたヨハネは、ガイオのために手紙を書き送ります。

 

彼は、ガイオが置かれている状況を心配していました。ガイオが属する教会内にいたデメテリオという人物を警戒していたのです。

 

ヨハネはガイオのことをただ心で心配するだけでなく、手紙を書き送るという具体的な行動を取ります。

 

真実な愛は、言葉や行動にあらわれます。

 

ヨハネは、手紙を書き送るだけでなく、ガイオに直接会いたいと、会ってもっと話したいと言っています。

 

誰かのことを愛していると言っていながら、その人のために何もしないのならば、その愛は真実なものではありません。

 

ヨハネは、イエス・キリストの愛弟子です。

 

キリストから直接、愛の弟子訓練を受け、愛の人へと変えられていったのです。

 

私たちも、ヨハネと同じ主をもっています。

 

キリストのことばを心に豊かに宿らせ、キリストの力によって、愛の人へと変えられていきましょう。

 

そうすれば、他者のために真実に祈り、他者の祝福を真実に喜び、他者のために真実な言動を取る者になることが出来ます。

詩篇51篇: 解説⑵

詩篇51篇は、ダビデの悔い改めの祈りが記されています。

 

私たちは、罪を犯す度にこの詩篇を読み、祈り、自分の罪深さを覆ってくださる神の恵を改めて思い、偉大な神の憐みを受け、ますます神を褒め称えるようになります。

 

今回は、この詩篇が書かれた背景について学びましょう。

 

第二サムエル11,12章にそのストーリーは記されています。

 

当時、イスラエルは敵国と戦をしていました。

 

11章1節にはこうあります。

11:1a 年が改まり、王たちが出陣する時期になった。

 

王が出陣するべき時に、ダビデは戦場に赴きませんでした。

11:1b ダビデは、ヨアブと自分の家来たちとイスラエル全軍を送った。彼らはアンモン人を打ち負かし、ラバを包囲した。しかし、ダビデエルサレムにとどまっていた

 

ダビデは、家来たちと共に出陣し、軍隊を率いるべきでしたが、彼はエルサレムにとどまっていました。おそらく宮殿でのんびりしていたのでしょう。

 

この時、イスラエル王国は繁栄と安定を迎えていました。ダビデイスラエルの北王国と南王国を統一し、エルサレムを首都とし、宮殿を完成させ、主のために神殿を立てる計画も立てていました。隣国の軍事勢力も衰え、万事が順調に進んでいる時期です。イスラエルを脅かすような敵国はもはや存在しなかったのです。

 

人間の心は、物事が自分の思い通りに運ぶと、神様から離れてしまう危険があります。

 

もしかしたらダビデは、神様に頼る必要性を感じなくなっていたのかもしれません。また、自分が神の計画を前進させる器でしかないことを忘れてしまったのかもしれません。彼は戦場で軍隊を率いるという王としての務めを果たさずに、自分に委ねられている神の王国の指導者としての責任を少しずつ放棄し始めます。

 

そんな彼の心は快適さを求め、誘惑を受け易い状況にありました。

 

1:2 ある夕暮れ時、ダビデが床から起き上がり、王宮の屋上を歩いていると、一人の女がからだを洗っているのが屋上から見えた。その女は非常に美しかった。

 

王の宮殿は、エルサレムの街を守るために、急な丘の上にありました。そして、その丘沿いにある家々を上から一望することができました。

 

その宮殿の屋上からダビデは一人の美しい女性がからだを洗っているのを目撃しました。「からだを洗う」とは、モーセの律法の一環として、体の部分的な汚れを水で流す聖めの儀式を行っていた可能性があります。

 

1:3 ダビデは人を送ってその女について調べさせたところ、「あれはヒッタイト人ウリヤの妻で、エリアムの娘バテ・シェバです」との報告を受けた。

 

彼女の美しさを一目見るなり、ダビデはすぐに家来を送り、部下に彼女のことを調べさせました。彼女は、ヒッタイト人ウリヤの妻で、名前をバテ・シェバと言いました。

 

ウリヤは非常に優れた兵士でした。彼は、ダビデ直属の37人から成る護衛隊の一員でした(2サム23:39)。また、バテ・シェバの祖父は、ダビデの右腕として活躍した参謀の一人、アヒトフェルでした(2サム23:34)。

 

ダビデの詮索はもちろん神に喜ばれることではありません。それは彼が最終的に犯す罪の始まりでした。

 

彼は誘惑にたとえ遭ったとしても、神に祈り、その先のステップ(詮索)には進むべきではありませんでした。しかし、人の心に宿る罪の力は、人間の良識を狂わせます。ダビデは自分の欲望を満たす思いに捕われ、自分の王としての権力を悪用しました。

 

続く...

悔い改めの祈り 詩篇51篇 ⑴

詩篇51篇は、自分の罪の重さを理解したダビデの悔い改めの祈りです。

 

前書きにはこうあります。

 

ダビデがバテ・シェバと通じた後、預言者ナタンが彼のもとにきたときに。

 

ダビデは、預言者ナタンにバテ・シェバとの姦淫の罪を正され、自分の救いようのない罪深さを直視しました。

 

彼は自分が罪を犯したことを分かっていても、ナタンに指摘されるまで、その罪の重さをよく理解していなかったのです。

 

自分の罪深さを知ったダビデ

 

彼は、自分の罪がどれほど醜いものであったとしても、神様はその罪から自分を救うことができる偉大なお方であるという確信を持っていました。

 

だから、彼は主に祈るのです。

 

自分自身がどれだけ酷い者であるかを理解させられたとしても、クリスチャンは失望することなく、主に対する確信と希望を持って前に進むことができます。

 

どのような罪からでも、へりくだって神に近づくなら、神はそれらを赦し、また、回復へと導いてくださいます。

 

私たちは、罪を犯すと、それを無視して忘れようとするか、何度も思い返して自分自身に失望します。

 

罪を犯した時、私たちはこの詩篇を読み直す必要があります。

 

自分自身の罪を直視しながらも、神の圧倒的な恵み、憐みの中で、平安と希望を見出すのです。

 

私たちは、自分自身の罪深さと同時に底無しの神のあわれみの深さに目を留め、新たな希望を持って再スタートします。

 

そして、その先には、罪赦された者だけが捧げられる礼拝と賛美の生活が待っているでしょう。

 

罪人を悔い改めに、また、主に対する礼拝に導くのがこの詩篇の役割と言えるでしょう。

バイブル・リーディング・コンパス

今日の説教で、興味深い聖書の読み方の指針について聞きました。

 

説教者は、それを「Bible Reading Compass」と呼んでました。

 

コンパスは進みたい方向を示してくれます。

 

バイブル・リーディング・コンパスも、私たちが聖書を読む上での方向性を示してくれます。

 

まずは北に進み、その後、南、西、東と進路を変更します。

 

それぞれの方角の意味は、

北: Look Up

南: Look Down

西: Look Back

東: Look to Today

です。

 

北は上、南は下、

西は過去、東は未来のイメージですね。

 

では、一つ一つの方角の意味をさらに詳しく見ていきましょう。

 

1. Look Up(見上げる)

主を見上げ、自分が読む聖書箇所の意味を理解させてくださるように願い、祈る。

 

2. Look Down

聖書箇所を開き、6つの質問(who, what, when, where, why, how)を想定しながら読む。

 

3. Look Back

著者の意図、または、その箇所を読んだ最初の読者が理解したことを突き止める。

 

4. Look to Today

その箇所が私たちにとってどんな意味を持つのかを考える。

 

北と南、西と東を指し示すコンパスは、十字の形をしています。

 

そして、その十字は、イエス・キリストのみわざを私たちに覚えさせます。

 

イエス・キリストこそが聖書の中心だとも言えるでしょうが、聖書のどの箇所を読むにしても、キリストの御人格と御業を理解することを求め、キリストを真実に知ることによって自分が変えられることを覚えるのです。

 

このバイブル・リーディング・コンパスは、聖書を読む際に大切にすべき幾つかのことを、四つのポイントをもって網羅している優れたものだと思います。

 

他にも、聖書を読む上での指針を与えるものがキリスト教界にはありますが、神に助けを求めるというポイントが抜けていたり、著者の意図を探るというポイントが見えなかったりするものがあります。

 

その点、バイブル・リーディング・コンパスは、

神のことばを読む時に迷うことがないよう、

自分の力ではなく神の力に頼らせ、

自分にとっての意味ではなく著者の意図を探らせ、

頭で理解するだけでなく実生活に適用する導いてくれます。

 

さらに、

「Look」という単語が一貫して用いられ、

コンパスというビジュアル(イメージ)もあるため、

思い出しやすいです。

怒り: 悪魔に機会を与えるもの

エペソ人への手紙4章26,27節にはこうあります。

 

怒っても、罪を犯してはなりません。憤ったままで日が暮れるようであっては いけません。悪魔に機会を与えないようにしなさい。

 

「憤り」や「怒り」は、悪魔が私たちを攻撃する時に用いるものです。

 

悪魔が用いる策略の一つは、人の「怒り」です。人の怒りを用いて、神様と人間の、また、人と人との関係を破壊しようとします。

 

同じエペソ人への手紙6章11節にはこうあります。

 

悪魔の策略に対して堅く立つことができるように、神のすべての武具を身に着けなさい。

 

私たちは悪魔の策略を警戒しなければなりません。

 

悪魔が最も攻撃してくる人間関係は、どのようなものでしょうか?

 

その一つは間違いなく、家族関係でしょう。

 

この段落の前の段落において、家庭について語られています。5章の後半、また、6章の前半では、夫婦関係と親子関係について語られています。それらの人間関係について語られた後で、悪魔の策略を警戒するように教えられているのです。

 

そして、エデンの園において、悪魔がエバを誘惑し、彼女とアダムの夫婦関係を破壊しました。

 

悪魔は家庭を攻撃してきます。

 

そして、怒りが悪魔に機会を与えるものになります。

 

パウロが教えるように、私たちは、怒っても罪を犯さず、憤ったままで日が暮れることがないように注意しなければなりません。

 

私たちの心の中で、怒りがグツグツと燃えている時、私たちは悪魔の策略にはまってしまっています。

 

怒りは「赦し」によって消え去ります。

 

エペソ人への手紙4章31,32節にはこうあります。

 

無慈悲、憤り、怒り、怒号、ののシリなどを、一切の悪意とともに、すべて捨て去りなさい。互いに親切にし、優しい心で赦し合いなさい。神も、キリストにおいてあなたがたを赦してくださったのです。

 

また、第二コリント人への手紙2章10,11節にはこうあります。

 

あなたがたが何かのことで人を赦すなら、私もそうします。私が何かのことで赦したとすれば、あなたがたのために、キリストの御前で赦したのです。それは、私たちがサタンに乗じられないようにするためです。私たちはサタンの策略を知らないわけではありません。

 

クリスチャンは、怒りを用いるサタンの策略に対して、赦しをもって対抗します。

 

 

エペソ人への手紙でも語られていたように、クリスチャンの「赦し」は神の赦しに基づいています。

 

神の赦しの素晴らしさを知ることによって、クリスチャンは神の力によって赦すことができるようになります。

 

私自身、まだまだ、神の赦しの理解が乏しく、中々人を赦すのが難しいですが、みことばを学び続け、赦せる人に変えられていきたいです。